オメガ3サプリのおすすめ比較レビュー※本気のランキング

更新:2017/06/29

写真

オメガ3脂肪酸の摂取でコレステロール値を改善

健康診断で、コレステロールや中性脂肪の値が高いと診断された場合、オメガ3脂肪酸を積極的に摂取することで改善ができます。コレステロール値や中性脂肪値が高い状態のままで過ごしていると、高血圧や糖尿病といった生活習慣病を招いてしまうこともあるため、早めに対策を取ることが大切です。

イワシやさんまといった青魚に豊富に含まれるDHP、EPAは、オメガ3脂肪酸の一種です。和定食の良さを見直し、青魚を食べる機会を増やすことで、生活習慣病を予防することができます。緑黄色野菜にも、良質なオメガ3脂肪酸が含まれているので、ほうれん草や小松菜など青菜を使った和え物を副菜でプラスするのも良いでしょう。

また、油の選び方にも注意が必要です。オメガ3が豊富な油としては、亜麻仁油やえごま油が挙げられます。継続して摂取するには、オメガ3のサプリを活用するのもおすすめです。身近なお店で手頃な価格で購入できるサプリも多く、経済的にも負担が掛からないところが魅力です。


中性脂肪は有酸素運動で減らす

年齢を重ねるごとに健康診断や人間ドックの項目で引っかかる人も多くなるのが中性脂肪の値です。中性脂肪の値が高いから、皮下脂肪が厚いから病気であるという事にはなりませんが中性脂肪の値が高いこと、そして皮下脂肪が厚いことは成人病へのリスクが高くなります。そこでぜひ生活の一部に取り入れていきたいのが有酸素運動です。

有酸素運動は脂肪の燃焼効果があり、中性脂肪の値を下げ皮下脂肪を減らす効果があります。有酸素運動を効果的に行うためには激しい運動が必要とされているのではなく一定時間以上、そしてじんわりと汗をかくような運動が求められています。ですので自分のペースや限度に合わせて誰でも取り組みことができる運動だと言えます。

また有酸素運動のみならず、食事にも気を付けると中性脂肪を減らしたり皮下脂肪をなくすことに効果が出ます。体を温める燃焼系の食事、野菜をふんだんに使った食事などがお勧めでレシピも簡単なものもたくさんあります。


オメガ3はサプリ摂取も。お徳用が人気!

現代社会では健康的な体の維持のためにサプリメントが欠かせなくなってきました。大手企業や有名メーカーがこぞってサプリメントの通信販売をするようになってきたのもその証拠の一つです。通販で購入することにより、初回購入がお得になったり薬局などで購入するよりもお徳用仕様になているなどで多くの人が利用しています、

また健康維持のためだけでなく、美容のためのサプリメントも多く開発されています。老化は美容の最大の敵と言われるように、健康維持が美容への最大の近道です。そこで注目されているのがリノレン酸を多く含んでいると言われるアマニ油。オメガ3も含まれており健康に非常にいいということで注目を浴び、最近では町のスーパーでも取り扱ってるところが増えてきました。

アマニ油は火を加えるとリノレン酸やオメガ3などの効果が落ちるので生で食べる必要があります。そのため毎日スプーン一杯を飲んだり、ドレッシングに利用するなどで取る必要があります。なかなか難しいのでこういったものもサプリメントを使うのも効果的です。


クックパッドのレシピでお手軽ヘルシーな料理を作ろう!

自宅で、手軽にヘルシーな料理を作りたい時に便利なのが、クックパッドです。使いたい食材名、料理名などのキーワードを入力して検索すると、目的に合うレシピを簡単に検索できます。 クックパッドを活用すると、調理法だけでなく、食材の賢い保存方法も知ることができます。

例えば、料理の仕上げにあると便利なみじん切りのねぎを上手に冷凍保存する方法などが紹介されていて、食生活がより豊かに快適になるアイディアを得ることができるのです。健康に良いレシピを調べられるのも、クックパッドの魅力です。DHAやEPAを含むことから、健康効果の高さが注目されている青魚は、独特の匂いが苦手だと感じる人もいます。

クックパッドでは、下処理のコツ、しょうがやねぎなどの香味野菜を生かす方法などを知ることができ、美味しくヘルシーに食べられる料理の作り方が学べます。また、クックパッドなら、キムチなどの漬物類が残ってしまった時のアレンジ法も分かるので、食材を無駄なく美味しく食べ切る一助となります。


コレステロール値を下げる役割を持つ食品を取り入れよう!

コレステロールや中性脂肪の値が高いと、様々な病気の原因となってしまいます。その例が、糖尿病や心筋梗塞です。悪化すれば、死を招く恐れもある病気を予防するには、コレステロール値や中性脂肪値を改善する努力が必要です。日常生活のなかですぐに実践できる方法としては、食生活の見直しが挙げられます。

ファーストフードを避け、なるべく自炊をして、野菜や果物、魚類の摂取量を増やすと、値の改善につながります。脂っこい料理の食べ過ぎが、健康を損なう原因となっていることが多いので、食事の選択に十分に気を配るようにするのが大切です。 コレステロール値を下げる役割を持つ食品の代表格が、青魚です。

さんまやいわしなどの青魚に含まれるDHAやEPAによって、悪玉コレステロールを減らすように心掛けましょう。食事だけでなく、サプリでDHAやEPAを摂る方法も有効です。継続的な摂取をするなら、携帯もしやすいサプリがとても便利です。


オメガ3で血液サラサラ

オメガ3とは、オメガ3脂肪酸のことです。オメガ3脂肪酸は、血液をサラサラにするだけでなく、血中のコレステロール値をさげる効果もあります。このオメガ3脂肪酸は、体内で生成することが出来ないため、外部から摂取することが必要です。オメガ3脂肪酸が含まれている手頃な食べ物として、胡桃が挙げられます。

健康的なおやつとして最適なナッツ、なかでも胡桃には、オメガ3が多く含まれているため、血液をサラサラにしたい人には、お勧め食材です。ナッツは、油分も多いため、食べ過ぎは禁物です。1日の分量を守って摂取しましょう。

また、オメガ3脂肪酸は、加熱調理すると効果が得られなくなるため、料理が苦手、ズボラさんなどには、メニューを考えるのが難しそうです。そんなときは、サプリメントで摂取しましょう。オメガ3脂肪酸は、サプリメントとしても販売されています。毎日の食事の補助栄養素として、お手軽なサプリメントで摂取するのも一つの方法です。


更年期に入るとライフスタイルによってはさまざまな病気が起きる可能性アップ

更年期となると、なんでもないのにイライラしたり、プチ不調と呼ばれるだるさなどを感じたりする人が増えます。しかし、それはその人のライフスタイルによって症状の重さは変わってきたりもするのです。

もし不摂生をしていれば、生活習慣病である糖尿病なんかを発症することもあります。少しでも健康寿命を伸ばしたいなら、まだ若いと思って自分を過信するのは避けた方が良さそうです。 また近年、脂質異常症といった病気も危険な病気として注意が呼びかけられています。悪玉のコレステロールが増えてしまう病気で、生活習慣病の一種です。

症状がひどくなると、脳卒中や心筋梗塞を患う可能性が高まり、最悪の場合命の危険性もある病気です。治療としては、他の生活習慣病と同じく食事療法と運動療法とがあります。野菜や魚を食べることが勧められていますが、特に油であれば、悪玉菌を抑制するオリーブオイルが良いとされていたりします。大豆食品なども推奨される食材になります。


オメガ3とかの摂取にはサプリが良さそう

よく日本人は魚を食べた方が良いと言われたりします。確かに身体に合っているから積極的に摂取すべきなのですが、なかなかうまくいかないことが多いのが現状。現代社会ではいかに手軽に栄養素を補うかが課題になっているといえます。

そんな中で、例えば美容に良いとされるオメガ3という成分もサプリメントが豊富に揃っているものの一つです。ミス・ユニバース・ジャパンのインストラクターをしているエリカ・アンギャルさんが紹介したこともあって爆発的な人気を博しています。また、魚に含まれている成分として有名なものにはドコサヘキサエン酸があります。

いわゆるDHAと呼ばれるものでお頭は良くなる成分としても有名です。最近は中性脂肪を下げる働きなどで注目されています。これらの栄養素を摂取するにはサプリが効果的で、メーカーもさまざまな商品を出しています。サプリメントであれば複数のものを飲んでも副作用などがないので、初心者でも安心して利用することができます。


オメガ3とは油ともいえます

オメガ3とは脂肪酸の一つになります。油、或いは脂肪といわれますとどうしても身体に悪いイメージを持つ人が多いです。しかし、これはとても身体に有益な脂肪酸であり、健康サプリメントとして使われていることすらあります。いろいろとタイプがありますがソフトジェルのようなものがベストです。

何故かといいますと体内に吸収しやすくなるからです。理想的なのは定期的に摂取することです。オメガ3脂肪酸にある効果は、血液をサラサラにしてくれます。ですから、血栓などにも効果があり、心疾患等のリスクを下げてくれるとされています。あくまでサプリメントとして摂取するときには食品としての効能のみを意識するべきです。

しかし、それでも健康促進につながっていることは確かです。取り過ぎることはまったくお勧めできないのですが適度に摂取するのはありです。その為のサプリメントなのです。サプリメントであれば摂取量をかなり正確に把握できます。